冬雷について Web冬雷 大山敏夫のページ
短歌投稿欄 冬雷Web広場 入会案内
リンク
 
広報からのお知らせ

残暑・9月例会

冬雷短歌会ホームページです。お変わりございませんか。

◇8月13日の例会後には暑気払いを行いました。この暑さを元気で乗り切ろうと親睦を深めながら冷たい飲み物や美味しいお弁当で楽しいひとときを過ごしました。

◇まだまだ高温で蒸し暑い日が続きそうです。体調を崩さないよう、工夫してお過ごしくださいますようお願いします。

◇9月例会は9月10日(日)江東区豊洲シビックセンター8階 第1研修室にて午後1時から行われます。冬雷9月号に掲載された作品を批評します。皆様のご参加をお待ちしております。

8月23日(水)19:14:16 更新
 

pdf 版9月号掲載のお知らせ

冬雷短歌会ホームページにようこそ。猛暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

◇Webデザイナーの川端様よりpdf版9月号掲載完了の連絡を頂きましたのでお知らせします。

◇今月の30首は池亀節子さんの「卒寿を越えて」です。前向きに積極的な姿勢で生きる日々が力強く歌われています。バス停の椅子に坐っていても、それは休息のためだけではなく歌を作る時間でもあり、一石二鳥だと歌っています。読者側が勇気づけられるような作品が多くあります。

◇作品欄の写真は大磯の旧吉田茂邸の重厚な佇まいを伝えています。撮影した関口正道さんの解説があります。

◇橘さんのコラム「心をば何に喩えん」、中村哲也さんの<歌誌「抜錨」を読む>、「冬雷」の若手ふたりの連載もぜひ読んでください。

◇立谷さんの詩歌の紹介の頁ではCD販売のお知らせがあります。立谷さんの詩集に共感した音楽家の山本ユリさんがその詩を作曲しました。山本さんの歌とピアノの音楽CDで耳から聴く詩集『故郷の道』といえましょう。詳細は本号43頁をごらんください。

◇9月号作品は冬雷集・九月集・作品一・二・三欄にそれぞれ掲載されています。本号もそれぞれの作者が頑張って個性豊かな歌を出しています。

◇どうぞ、このpdf版で夏の素敵な時間をお過ごしくださいませ。

8月10日(木)19:57:53 更新
 
 
更新情報