冬雷について Web冬雷 大山敏夫のページ
短歌投稿欄 冬雷Web広場 入会案内
リンク
 
広報からのお知らせ

pdf版3月号掲載のお知らせ

冬雷短歌会ホームページです。お元気ですか。

◇冬雷ホームページはプロのデザイナーのサポートを受けておりますが、本日Webデザイナーの川端様より3月号掲載の連絡をいただきましたのでお知らせします。

◇「Web冬雷」の頁からpdf版3月号をごらんくださいませ。

◇本号からは作品欄の批評陣が少し変わりました。冬雷集評を水谷慶一朗氏、月集評を中島千加子氏が担当。作品二評に大塚亮子氏が加わりました。また残響集評を稲田正康氏が担当します。ますます充実の批評欄ですので、各欄じっくりとお読みいただき作歌の勉強にも役立てていただきたいと思います。

◇「今月の30首」は姉川素枝子氏の「杖の音」、作品に込められた作者の思いを感じつつ、ゆっくりと味わいたい作品群です。

◇作品欄の写真は飛彈高山に取材したもの。撮影者の関口正道さんの解説があります。

◇皆様への連絡事項などが編集後記にあります。ご一読いただければ幸いです。では、pdf版3月号をどうぞお楽しみくださいませ。

2月15日(金)19:13:21 更新
 

早春・各種お知らせ

冬雷短歌会ホームページです。寒暖の差が激しいこの頃、早咲きの梅も咲き始めました。お元気ですか。

◇「探梅」という言葉があり、これは冬の寒い時期に早咲きの梅を探すことと知りました。今は立春も過ぎて幾らか暖かい日もあり「探梅」とはなりませんが、やはり早く花をみたくなります。先日、北鎌倉の円覚寺に梅を探しましたら境内に一本だけ白い梅が咲いているのを見つけました。大方は花芽が固く開花は暫く先のようでした。

◇2月から5月までの本部例会の日程のお知らせが掲示板に出ております。2月3月4月は豊洲シビックセンターで、5月は東大島の中川船番所資料館です。お出かけくださいませ。

◇「Web冬雷」に「冬雷歳時記風」「2月号各欄一首評」があります。移りゆく季節には暮しの中の行事、伝統文化が息づいています。過去の冬雷誌からの作品もあげられていて「冬雷歳時記風」はゆっくり楽しめる頁と思います。「各欄一首評」の方も
お楽しみください。

◇『作品年鑑・自選歌集』に参加される方の申し込みは3月末日です。一年間の作品から26首選ぶのは慌てないで大丈夫です。まだ日にちがありますので、ゆっくり作品を選んでいただければと思います。

◇体調管理に気を付けて冬雷に充実した作品を投稿しましょう。

2月7日(木)20:52:35 更新
 
 
更新情報